通信制高校の授業について行けるか不安だった

教室には居場所がなく学校に行くのが嫌に

それまでは普通の学校に通っていたのですが、学校の雰囲気に馴染むことができずに不登校になってしまいました。仲の良い友達は別の高校に行ってしまい、特別仲の良いわけではない友達すら回りにいない状況ということで孤立をしてしまったのです。いじめを受けることこそありませんでしたが、シカトされるようになってしまって教室には居場所がなくなり学校に行くのが嫌になりました。勉強もあまりできなかったので、先生から見ても問題児のように見られてしまって学校に誰も味方がいない状態になってしまったでのです。

これでは登校を続けるのは無理だと感じ学校にも行かなくなり、授業にもついていけなくなったためこのままでは留年も確実という状況になってしまいました。そのため、留年してまた通い始めるということは絶対に有り得ないと思ったので、通信制高校に編入することになったのです。これなら家にいながら勉強をして高卒の資格をとることができるので、不登校の自分にはまだましだと思ったのです。心配だったのが、通信制の授業についていくことができるのかということで完全に学習面で遅れを取っていた状態ですから、誰かに直接指導をしてもらうことができるわけではない、通信制の授業方法だと全くわからずについていくことができないのではないかという不安がありました。


学習面で遅れを取っていた自分でもなんとか 直接先生からの指導をしてもらえ

通信制高校
明秀学園

もどる